チュアブルタイプ

ローヤルゼリーの養蜂場

ローヤルゼリーがどこの養蜂場で生産されているかは、商品選びを行う際にはとても重要なことです。
ここではローヤルゼリーの養蜂場について探っていきます。
日本のローヤルゼリーの消費量は世界的に見てもトップとなっていますが、実は国内で生産されているのはごくわずかです。
インターネットで検索すれば、国内の養蜂場の情報がいろいろ出てきますが、日本国内で扱われているローヤルゼリーの95%以上は海外で採取されたものと言われています。
日本で流通しているのは、中国、台湾、タイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドのものがほとんどで、この中で最も多いのが中国です。

以前は日本が世界一の生産国でしたが、高度成長期に土地開発が盛んに行われたことが原因で、蜜蜂の生息環境に適していた野山が失われることになり、農薬などにとても弱い蜜蜂は日本という土地で生きていくことができなくなり、今では日本で販売されているローヤルゼリーのほとんどが中国からの輸入品となっています。
中国産と聞くと抵抗がある人も多いでしょうが、日本へ輸出するためのローヤルゼリーは専用の養蜂場でつくられているので、安全性に関しては問題ありません。
中国では養蜂を行う地域に対しては厳しく農薬や抗生物質の使用が規制されていて、中国には広大な土地があるので、1年中蜜を豊富に集めることができます。
現在では日本用だけではなく、世界のローヤルゼリーのほとんどが中国産となっています。

しかし生ローヤルゼリーを求める際には、できるだけ国産を選ぶことをおすすめします。
生タイプのものでも中国産や台湾産などがありますが、生タイプは鮮度が重要であり酸化するのも早いので、多少値段は高くても、国産を購入した方がいいでしょう。
このように、現在日本にもローヤルゼリーをつくっている養蜂場はいくつかありますが、日本でその流通しているローヤルゼリーのほとんどは中国などの海外製品となっています。