チュアブルタイプ

ローヤルゼリーのチュアブルタイプ

ローヤルゼリーと一口でいっても、今では国産から外国産までいろいろな種類の商品が販売されています。
摂取方法も様々なタイプに分かれていて、最も良いのはチュアブルタイプだと言われていますが、ここではあまり聞きなれないチュアブルタイプの説明と、数あるローヤルゼリーの選び方に注目していきます。

チュアブルという言葉の意味を知らない人も多いでしょうが、チュアブルとはかみくだいて服用するタイプの錠剤のことで、水がなくても飲むことができるのが特徴です。
ローヤルゼリーには胃酸に弱いというデメリットがあり、そのため胃の中で体内に吸収される前に栄養素が壊れてしまいます。
それを回避するためには舌下吸引という、舌の下から栄養素を吸収させるという方法が効果的で、それに最も適しているのがチュアブルタイプの商品です。
チュアブルタイプの商品はあまり出回ってはいなくて、一般的には錠剤タイプかカプセルタイプが価格的にもお手軽に購入できるものとなりますが、できるだけ高い効果を得たい人は、チュアブルタイプの商品を探してみるといいでしょう。
その他のローヤルゼリーを選ぶ上で大事なポイントは、デセン酸の含有量です。
ローヤルゼリーには様々な成分が含まれていますが、その中でもローヤルゼリーだけが持っている特別な成分がデセン酸です。
デセン酸には、抗ガン作用や生活習慣病を予防する効果や、美肌効果や血糖値を下げる効果などがあり、この成分が多く含まれているものほど品質が高いと言われています。
一般的な含有量の目安としては、商品の形状によって異なり、生タイプであれば1.60%以上、乾燥タイプであれば3.85%以上、調整タイプであれば0.21%以上となっているので、この数値以上のデセン酸が含まれている商品を選んで下さい。
他には原料や産地が非常に重要なポイントとなりますが、発売元がどのくらいの鮮度や品質にこだわっているかを購入前に必ず調べましょう。

このようにローヤルゼリーに高い効果を求める場合は、チュアブルタイプのものを選ぶことと、デセン酸の含有量と、原料や産地に注目して商品選びを行わなければいけません。
また混同されがちなローヤルゼリーとハチミツの違いについても参考にご覧ください。